ProfileTop of T&Yファーム お米作りと直販の専業農家

 

プロフィール

小松崎 俊也 茨城県生まれ。

 兼業農家に生まれましたので、親が農作業するかたわらで遊んで育ちました。茨城に住んでいる間は、自然の豊かさも、広い空も、何もかも当たり前に思っていましたが、仕事の関係で、少し都会に住み、当たり前に思っていた田舎の良さを始めて実感。母が体調を崩し、茨城に戻ることになったことをきっかけに、いつかは農家になろうと自然に考えるようになりました。

イタリアントマト(サンマルツァーノ)は、茨城に戻って、まずはと始めた家庭菜園で作ったのですが、その美味しさにはまって、日本では未だあまり栽培されていない事もあり、この機会に挑戦してみることにしました。まだまだ”挑戦”の段階です。

 趣味は、都会で暮らしたことがきっかけで、山登りなどのアウトドアに。自然に触れていないと息苦しくなるのです。そして大自然に触れることにより、普段忘れているような謙虚な思いを抱かせてもらえると感じています。

 父が生きている間は、刈り取った稲をオダ掛けし天日干しをしたお米を作っておりました。父が亡くなり、田んぼのことを考え、自分たちが農家になって田んぼを守っていくしかないと、ここで本格的に農家になることを決意しました。家の田んぼだけでは、とても生活してはいけないので、家の隣の畑を貸してくださった方の休耕田を皮切りにあちこちの休耕田を借りて、冬の間中、開墾作業をして耕作面積を増やし農業を始めました。

 食事は、当初は、ほぼ玄米食でしたが、農家で忙しくなった今はなんちゃって玄米食という感じになってしまいました。それでも自分たちが作ったほとんど無農薬のお米と野菜を中心とした食事になっています。
 玄米を食べるようになって体の調子がよくなったのを感じています。玄米食べるようになって、歯が白くなったように感じるのは気のせいでしょうか。

 庭先の畑で採れたての野菜を食べるとき、一味も二味も違うあじわいに満足しています。こちらに戻ってきた頃、遊びに来てくれた都会の友人を招いて採れたての野菜をバーベキューに使ったところ、肉よりも野菜のおいしさに感激してくれました。今まで、自分の生まれ育った土地は、畑や田んぼの他は何もないところだと思っていましたが、これまでとは違う見方ができるようになったと思っております。   
  毎日の生活に欠かせない、人の健全な生活を支える食物を生産し、「おいしい。体によさそう!」と思ってもらえる物を生み出せる土地があることは、なんと豊かなことなのだろうと。